最新情報

東海市 大バラシ!

こんにちわ!

弊社ホームページをご覧いただき

ありがとうございます!

 

本日は、東海市の現場で

地上から30M近く高い場所に組んだ足場を

解体する際の【大バラシ】をご紹介します。

 

クレーンで足場を吊り

地上に降ろしてから

地上で足場を解体していく作業です。

 

そうすることによって、

危険な高所作業を最小限にできると共に

地上での足場解体作業となるため

危険な高所よりも確実に時短となり、

さらには少ない人数の作業員でも

効率よく作業を進めることができます。

 

↑ 一番上に設置されていた足場を

少し小さくまとめて地上に降ろします。

 

↑ 吊り具もきちんとかける事により

空中で吊る際の落下防止対策につながります。

 

 

 

 

 

↑こんなふうにして

どんどん地上に降ろしていきます。

 

↑こうして地上に降ろされた足場を

作業員がせっせと解体していくのです。

 

そうなんです!

とってもメリットが多いんですね!これ!笑

 

ただし、このクレーンで吊る作業には

必ず、【玉掛け】という資格が必要なのです♪

 

資格があることで

同じ作業でもやり方の選択肢が広がり

それが作業効率にもつながっていきます!

 

弊社では、従業員の資格はもちろん、

協力会社や下請けの作業員の皆さんにも

資格取得のためのサポートができるよう

裏方事務員もがんばっています

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました!

 

ブログ担当:事務K